なつみかん (夏蜜柑)

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

Citrus natsudaidai

わが国の山口県が原産です。江戸時代の中頃に、長門市仙崎大日比の海岸に漂着した果実の種子から育ったのが起源といわれています。いまもその原木が現存し、天然記念物となっています。高さは3〜6メートルくらいになり、楕円状披針形の葉には狭い翼があります。5月ごろ、枝先の葉腋に白色の花を咲かせます。果実は翌年の4月から6月に黄色く熟します。酸味が強く、マーマレードやジュースに加工されます。別名で「なつだいだい(夏橙)」とも呼ばれます。 
ミカン科ミカン属の常緑小高木で、学名は Citrus natsudaidai。
英名は Natsudaidai orange、Japanese summer orange。 
The Natsudaidai orange (Citrus natsudaidai) belongs to the Rutaceae (the Citrus family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to Yamaguchi prefecture of Japan. It is thought that the original seed drifted ashore at the Ouhibi Coast in the miidle of Edo Era (about 250 years ago). The tree from the original seed is existing now, and are designated as one of Japan's protected species. This tree can reach 3-6 m in height. Leaves are elliptic-lanceolate with narrow winged petioles. White flowers come on the terminal axiles in May. Fruits are ripen yellow in the next year's April to June. Because of the fruits have a strong acid taste, they are processed to marmalades or juices. 
[上・中1〜2] 千葉県東庄町舟戸にて、2009年05月20日撮影。
[中3] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。
[中4・中5] 茨城県神栖市太田にて、2008年04月04日撮影。
[中6〜中8] 東京都品川区荏原「星薬科大学」にて、
2013年06月01日撮影。
[中9〜10・下] 千葉県香取市久保にて、2017年03月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp