ねこはぎ (猫萩)

Lespedeza pilosa

Lespedeza pilosa

Lespedeza pilosa

Lespedeza pilosa

Lespedeza pilosa

Lespedeza pilosa

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布して
います。山野の日当たりの良い草地に生え、茎は基部で分枝して地
面を這います。葉は3出複葉で、小葉は広楕円形から広卵形です。
7月から9月ごろ、葉腋に3〜5個の白色の蝶形花を咲かせます。旗
弁には赤紫色の斑があります。
マメ科ハギ属の多年草で、学名は Lespedeza pilosa。
英名はありません。
"Neko-hagi" (Lespedeza pilosa) belongs to the Fabaceae (the Pea family).
It is a perennial herb that is distributed to Honshu, Shikoku and Kyushu of
Japan, also the Korean Peninsula and China. This herb grows in sunny
grasslands of fields and mountains. The stem is branched at the base and
creeping on the ground. The leaves are trilobate with broad-elliptic to
broad-ovate leaflets. The 3-5, white, papilionaceous flowers come on the
axils from July to September. The vexillums (flag petals) have magenta
mottles.
[上・中1] 大阪府高槻市原「摂津峡」にて、2007年09月19日撮影。
[中2・中3] 奈良県御所市高天「金剛山」にて、
2006年09月05日撮影。
[中4・下] 茨城県神栖市砂山にて、2009年09月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp