ねこのちち (猫の乳)

Rhamnella franguloides

Rhamnella franguloides

Rhamnella franguloides

わが国の本州、神奈川県以西から四国・九州それに朝鮮半島や中
国に分布しています。山地の林内に生え、高さは5〜8メートルになり
ます。樹皮は暗褐色で波状の縞模様になります。葉は長楕円形で互
生し、先端が尾状に尖ります。5月から6月ごろ、葉腋に小さな黄緑
色の花を咲かせます。果実は長楕円形の核果で、ネコの乳首のよう
なかたちをしています。
クロウメモドキ科ネコノチチ属の落葉小高木で、学名は Rhamnella
franguloides。英名はありません。
'Neko-no-chichi' (Rhamnella franguloides) belongs to Rhamnaceae
(Buckthorn family). It is a deciduous semi-tall tree that is distributed
westward from Kanagawa prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu of
Japan, Korean Peninsula and China. This tree occurs in montane forests
and can reach 5-8 m in height. The barks are dark brown and wavy striped
pattern. The leaves are oblong and alternate with caudal tips. The small
yellowish-green flowers come in the axiles from May to June. The fruits are
oblong drupes and resemble to cat's nipples.
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[下] 同上にて、2005年12月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp