ネメシア

Nemesia strumosa cv.

Nemesia strumosa cv.

Nemesia strumosa cv. Melanie

Nemesia strumosa cv.

Nemesia strumosa cv.

Nemesia strumosa cv.

Nemesia strumosa cv.

南アフリカのケープ地方が原産で、およそ60種が分布しています。
高温多湿と風雨に弱く、冷涼な気候を好みます。矮性でよく分枝して
枝先に多くの花を咲かせます。品種改良が進んでいて、花色も緋赤
色やピンク、紫色や黄色などと多彩です。写真中2の品種は、「メラ
ニー(cv. Melanie)」。作出者クリス・テルライト(Chris Tellwright)氏の娘
さんの名前に因みます。
ゴマノハグサ科ネメシア属の一年草で、学名は Nemesia strumosa。
英名は Nemesia。
Nemesia (Nemesia strumosa) belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort
family) and consists of about 60 species. It is an annual herb that is native
to the Cape province of South Africa. This herb is weak in weather, hot
and humid conditions, and it prefers cool environment. It is dwarf, much-
branched and produces many flowers at the top branches. It is advanced to
breed improvement, there are many cultivars with varied flower colors,
such as scarlet, pink, purple or yellow.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 愛知県豊橋市「豊橋総合動植物公園」にて、
2002年03月10日撮影。
[中3] 名古屋市港区「ブルーボネット」にて、2002年05月03日撮影。
[中4〜5・下] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp