ねずみむぎ (鼠麦)

Lolium multiflorum

Lolium multiflorum

Lolium multiflorum

Lolium multiflorum

Lolium multiflorum

ヨーロッパから西アジアが原産です。わが国へは、明治時代に「イタ
リアンライグラス」の名前で牧草として導入されました。砂防緑化にも
用いられ、今では各地に野生化しています。葉は線形で、初めは円
筒状に巻いています。6月から8月ごろ、細い穂状花序を伸ばして扁
平な小穂をたくさんつけます。
イネ科ドクムギ属の一年草または二年草で、学名は Lolium
multiflorum。英名は Italian ryegrass。
Italian ryegrass (Lolium multiflorum) belongs to Poaceae (Grass family). It is
an annual to biennial herb that is native to Europe and West Asia. It was
introduced into Japan as a meadow grass in Meiji Era (about 120 years
ago). This herb is used for an erosion control planting and an afforestation
planting, and nowadays it is naturalized in so many places. The leaves are
linear though they are convolute at first. The slender spikes are borne and
produce many flat spikelets from June to August.
[上・中1〜2] 千葉県香取市阿玉川にて、2008年06月02日撮影。
[中3・下] 大阪府交野市私市にて、2004年05月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp