ネオレゲリア・カロリナエ

Neoregelia carolinae

Neoregelia carolinae

Neoregelia carolinae

ブラジルが原産です。水平に開いた光沢のある葉は緑色で、黄白色の縦縞が入ります。園芸品種も多く、「トリカラー(cv. Tricolor)」や「フランドリア(cv. Flandria)」といった品種が流通しています。写真上・中は「フランドリア」で、開花時には真ん中の葉が赤く色づき、淡い紫色の花咲かせます。 
パイナップル科ネオレゲリア属の常緑多年草で、学名は Neoregelia carolinae。英名はありません。 
Neoregelia carolinae belongs to the Bromeliaceae family. It is an evergreen perennial herb that is native to Brazil. The leaves are horisontal opened, glossy, and with yellowish white vertical stripes. The central bracts are tinged red in flowering. The flowers are pale purple. There are many cultivars. The upper two photos are a cultivar 'Flandria'. 
[上・中] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年11月05日撮影。
[下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp