ネオポルテリア・ニドゥス・ムルチコロル (多彩玉) [Index] [Back]

Neoporteria nidus var. multicolor

Neoporteria nidus var. multicolor

南アメリカのチリの北部、コキンボ州に分布しています。球形から短い円筒形で、金色の棘に被われます。春に、直径1〜3センチの鮮やかな濃いピンク色の花を咲かせます。園芸名は「多彩玉(たさいぎょく)」と呼ばれます。
サボテン科ネオポルテリア属の球形サボテンで、学名は Neoporteria nidus var. multicolor (syn. Eriosyce kunzei var. multicolor)。英名はありません。
Neoporteria nidus var. multicolor belongs to the family Cactaceaeサボテン科 (the Cactus family). It is an evergreen succulent perennial that is native to northern Chile; the Coquimbo State. This cactus grows in small valleys. It is spherical to short cylindrical, and covered with golden spines. It prodeces bright dark pink flowers, 1-3 cm across, in spring.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp