ネペンテス・ダイエリアナ

Nepenthes cv. Dyeriana

Nepenthes cv. Dyeriana

Nepenthes cv. Dyeriana

「ウツボカズラ」の園芸品種で、ミクスタ種(N. cv. Mixta)とディクソニ
アナ種(N. cv. Dicksoniana)との交雑種です。黄緑色の地に暗赤色の
斑がある捕虫袋は高さ20〜35センチもあり、交雑種のなかでは最
大級のものです。雌雄異株で、茎の先端の総状花序に、目立たない
花を咲かせます。写真が雌花か雄花なのかはわかりません。
ウツボカズラ科ウツボカズラ属の低木状多年草で、学名は
Nepenthes cv. Dyeriana。英名はありません。
[上・中] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp