ネフロレピス・エクサルタータ [Index] [Back]

Nephrolepis exaltata cv. Bostoniensis

Nephrolepis exaltata cv. Bostoniensis

Nephrolepis exaltata cv. Bostoniensis

フロリダ半島から中央アメリカ、南アメリカ、西インド諸島それにアフリカに分布しています。湿った林内や湿地などに生え、高さは90センチ以上になります。葉は根茎から直立して立ち上がり、叢生します。個々の羽片にはわずかに鋸歯があります。ソーラス(胞子嚢群)は円形で、羽片の裏面の縁に2列に並びます。園芸品種も数多く作出されています。写真の品種は「ボストンたましだ(cv. Bostoniensis)」。
タマシダ科タマシダ属の常緑シダ類で、学名は Nephrolepis exaltata。英名は Wild Boston fern, Sword fern。
Wild Boston fern belongs to Oleandraceae (Ladder fern family). It is an evergreen fern that is native to Florida Peninsula, Central America, the West Indies, South America and Africa. This fern occurs in humid forests and swamps and can reach up to 90 cm in height. The fronds are erect, arising from rhizomes and form tufted clusters. The individual pinnae are shallowy toothed. The round sori are in two rows near the margins on the underside of the pinnae. There are dozens of cultivars of this species. The photos are cultivar 'Bostoniensis'.
静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp