ネペンテス・フッケリアーナ

Nepenthes hookeriana

Nepenthes hookeriana

ウツボカズラ科は1科1属の単型科で、ボルネオ島を中心に熱帯ア
ジアに70種ほどが分布しています。有名な食虫植物で、多くは栄養
分の少ない湿地に地生しますが、乾燥した樹木や岩に着生するもの
もあります。このフッケリアーナ種はラフレシアーナ種(N. rafflesiana)
とアンプルラリア種(N. ampullaria)の種間交雑種で、ブルネイやボル
ネオ島に分布しています。濃緑色で披針形の葉と、黄緑色の地に赤
紫色の斑がある捕虫袋が特徴です。和名では「フッカーウツボ(靫)」
と呼ばれます。
ウツボカズラ科ウツボカズラ属の低木状多年草で、学名は
Nepenthes hookeriana。英名は Pitcher plant。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年02月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp