ネペンテス・メリリアナ

Nepenthes merrilliana

フィリピンのミンダナオ島に分布しています。海岸近くの低地に生え
ます。茎は地面を這うか樹木に絡まり、長さは3〜4メートルになりま
す。葉は大きな長楕円形で、ふつうは濃緑色をしていますが、日光に
晒されると濃赤色に変化します。捕虫嚢はウツボカズラ属のなかでも
最大級で、長さは20〜30センチになります。通常は緑色ですが、暗
赤色を帯びることもあります。
ウツボカズラ科ウツボカズラ属の常緑多年草で、学名は Nepenthes
merrilliana。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp