ニューギニアインパチェンス

Impatiens hawkeri

Impatiens hawkeri

Impatiens hawkeri

Impatiens hawkeri

Impatiens hawkeri

Impatiens hawkeri

ニューギニア高地の原産種をアメリカで品種改良したものです。ふつ
うの「インパチェンス」は一年草ですが、これは多年草です。また葉は
細長く光沢があり、斑入り種もあります。花期が長く、4月から11月
まで鮮やかな花を咲かせます。夏季の高温や直射日光、それに乾
燥を嫌うようです。
ツリフネソウ科ツリフネソウ属の多年草で、学名は Impatiens
hawkeri。英名は New Guinea impatiens。
New Guinea impatiens belongs to Balsaminaceae (Balsam family). It is a
perennial herb that is a cultivar breeding from New Guinean host species in
USA . The leaves are glossy oblong and there are also variegated species.
The flowering season is long, it blooms bright flowers from April to
November. It is not tolerant of high temperature, sunshine or drought in
summertime.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年02月07日撮影。
[中1] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中2] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、
2004年04月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲー
トパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp