ねこやなぎ (猫柳)

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

Salix gracilistyla

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の渓流や中流域の流れの速いところに生え、高さは2〜3メートルになります。葉は楕円形で、若葉のころには絹毛があります。雌雄異株です。早春のころ、葉の展開に先立って尾状の花序をつけます。雄花序は葯の紅色が目立ち、雌花序は絹毛でふさふさしています。 
ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木で、学名は Salix gracilistyla。
英名は Rosegold pussy willow。 
The Rosegold pussy willow (Salix gracilistyla) belongs to the Salicaceae (the Willow family). It is a small deciduous tree that is native to Japan, the Korean Peninsula and China. This tree grows in montane stream banks or middle watersheds where have a rapid current and can reach 2-3 m in height. The leaves are elliptic and covered with silky hairs when young. It is dioecious. The catkins are borne in early spring before foliation. The male clusters have visible rose-pink anthers and female clusters are covered with luxuriant silky hairs. 
[上・中1・中7] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中2・中3] 群馬県富士見村「覚満淵」にて、2008年04月27日撮影。
[中4・下] 長野県塩尻市片丘「長野県林業総合センター」にて、
2006年04月03日撮影。
[中5] 愛知県豊田市足助町「香嵐渓」にて、2005年04月03日撮影。
[中6] 千葉県東庄町笹川にて、2009年03月21日撮影。
[中8・中9] 愛知県豊田市笹戸町「矢作川」にて、
2006年11月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp