ねずこ (鼠子)

Thuja standishii

Thuja standishii

Thuja standishii

Thuja standishii

わが国の本州、中部地方から中国地方、四国に分布しています。山
地から亜高山帯に生え、高さは30メートルほどになります。葉は鱗
片状で「ヒノキ」より大きく、裏面に目立たない気孔線があります。雌
雄同株で、3月から4月ごろ花を咲かせます。球果は1センチほどの
卵円形で、上向きにつきます。別名で「クロベ(黒檜)」とも呼ばれ、木
曽五木のひとつに数えられます。
ヒノキ科ネズコ属の常緑高木で、学名は Thuja standishii。
英名はありません。
[上・中1・下] 長野県駒ヶ根市赤穂「養命酒健康の森」にて、
2006年04月04日撮影。
[中2] 岐阜県白川村飯島「三方岩岳」にて、2004年08月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp