においあらせいとう (匂い紫羅欄花)

Erysimum cheiri

Erysimum cheiri

Erysimum cheiri

Erysimum cheiri

Erysimum cheiri

Erysimum cheiri

Erysimum cheiri

南ヨーロッパが原産です。現在ではヨーロッパをはじめ小アジアにまで広がっています。暖地に生え、高さは30〜45センチになります。寒冷地では一年草または二年草です。葉は長く披針形をしています。2月から4月ごろ、総状花序を伸ばして、芳香のある黄色い花を咲かせます。花色はほかに赤色やオレンジなどがあります。別名で「ウォールフラワー」とも呼ばれます。
アブラナ科エゾスズシロ属の多年草で、学名は Erysimum cheiri。
英名は Wallflower。
Wallflower (Erysimum cheiri) belongs to the Brassicaceae (the Mustard family). It is a perennial herb that is native to southern Europe. It is distributed throughout Europe east to Asia Minor nowadays. This herb grows in warm temperate and can reach 30-45 cm in height. It is annual or biennial herb in cold climates. The racemes are borne and the scented yellow flowers bloom from February to April. There are also red or orange flower colors.
[上・中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 同上にて、2010年04月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp