ニコチアナ・シルウェストリス [Index] [Back]

Nicotiana sylvestris

Nicotiana sylvestris

南アメリカが原産です。高さは90〜150センチになります。葉は楕円形でいくぶん粘りがあり、茎を抱きます。夏から秋にかけて、大きな花序に、白色の筒状花を咲かせます。本種は、「たばこ」の母種のひとつだと考えられています。
ナス科タバコ属の常緑小低木で、学名は Nicotiana sylvestris。
英名は Woodland tobacco。
Woodland tobacco (Nicotiana sylvestris) belongs to the family Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is native to South America. This herb can reach 90-150 cm in height. The leaves are elliptic, somewhat sticky, and clasp the stem. The white, tubular flowers bloom in large clusters from summer to fall. This species is thought to be one of the parents of Tobacco (Nicotiana tabacum).
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2013年09月05日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp