にがいちご (苦苺)

Rubus microphyllus

Rubus microphyllus

Rubus microphyllus

Rubus microphyllus

Rubus microphyllus

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布して
います。山野にふつうに生え、高さは1〜2メートルほどです。よく分
枝して、たくさんの棘があります。葉は広卵形で3裂し、不規則な重
鋸歯があります。4月から5月ごろ、短かい枝の先に白色の5弁花を
咲かせます。果実は5月から6月に赤熟し、食べることができます。
名前は、果実の中にある種子を噛み潰すと苦いことから。
バラ科キイチゴ属の落葉低木で、学名は Rubus microphyllus。
英名はありません。
'Niga-ichigo' (Rubus microphyllus) belongs to Rosaceae (Rose family). It is
a deciduous small tree that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu of
Japan, Korean Peninsula and China. This tree occurs commonly in fields or
mountains and can reach 1-2 m in height. It is much branched and spiny.
The leaves are broad ovate and divided into 3 lobes with irregular
duplicato-serratus edges. The white flowers appear on the short twigs from
April to May. The fruits are edible and ripen in red from May to June. They
have bitter taste when chew up the seeds.
[上・中1] 長野県小諸市菱平にて、2009年05月23日撮影。
[中2] 愛知県豊橋市岩崎町「葦毛湿原」にて、
2004年04月10日撮影。
[中3] 神戸市灘区六甲山町「六甲山」にて、2004年04月20日撮影。
[下] 大阪府河内長野市滝畑「南葛城山」にて、
2006年05月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp