にがな (苦菜)

Ixeris dentata

Ixeris dentata

Ixeris dentata

Ixeris dentata

Ixeris dentata

わが国の各地をはじめ朝鮮半島、中国それにモンゴルに分布しています。山地や野原にふつうに生え、高さは20〜50センチになります。葉は広披針形から倒卵状長楕円形で互生します。根生葉には長い葉柄があり、茎葉の基部は丸くはりだして茎を抱きます。5月から7月ごろ、茎の先端に集散花序をつけ、黄色い花を咲かせます。舌状花はふつう5弁か6弁ですが、7〜11弁のものは「はなにがな(花苦菜)」と呼ばれます。中国では赤ん坊が生まれたとき、授乳の前に「五味(酸・苦・甘・辛・鹹)」をまず教えるそうです。そのときの「苦味」に使われるのが、「にがな」のジュース。朝鮮ではキムチにもするそうです。
キク科ニガナ属の多年草で、学名は Ixeris dentata。
英名は Korean lettuce。
Korean lettuce (Ixeris dentata) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed throughout Japan, as well as the Korean Peninsula, China and Mongolia. This herb grows commonly in mountains and fields, and can reach 20-50 cm in height. The leaves are broad-lanceolate to obovate-oblong and arrnaged in alternate. The basal leaves have long petioles and the cauline leaves enfold stems with swollen round bases. The cymes are borne at the terminal branches and bloom the yellow flowers from May to July. The flower-head has usually 5-6 ray flowers, though the "Hana-nigana" (Ixeris dentata var. albiflora f. amplifolia) has 7-11 ray flowers. The leaves have bitter taste and they are used as an ingredient of Korean pickle in Korea.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中2] 長野県松本市内田「県林業総合センター」にて、
2005年05月22日撮影。
[中3・下] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp