にんにくがらし (大蒜辛子) [Index] [Back]

Alliaria petiolata

Alliaria petiolata

ヨーロッパや西・中央アジア、それに北西アフリカに分布しています。生け垣などの縁に生え、高さは30〜100センチになります。葉は葉柄があり三角状から心形で、潰すとにんにくの臭いがあります。春と夏、ボタンのような花序に白色の花を咲かせます。個々の花には4個の花弁があり、十字対生します。果実は真っ直ぐな細い、4稜のある長さ4〜5.5センチの豆果です。17世紀、イギリスでは塩漬けの魚の香り付けに推奨され、または、焼いたラム、サラダのソースとしても使われていました。別名で「ねぎはたざお(葱旗竿)」とも呼ばれます。 
アブラナ科アリアリア属の二年草で、学名は Alliaria petiolata。
英名は Garlic mustard。 
Garlic mustard (Alliaria petiolate) belongs to the Brassicaceae (the Mustard family). It is a biennial herb that is native to Europe, western and central Asia, and northwestern Africa. This herb grows along the margins of hedges, and it can reach 30-100 cm in height. The leaves are stalked, triangular to heart-shaped, when crushed smell like garlic. The white flowers bloom in button-like clusters in spring and summer. Each small flower has four white petals, and arranged in a cross shape. The fruits are erect, slender, four-sided pods 4 to 5.5 cm long. In 17th century Britain it was recommended as a flavoring for salt fish. It can also be made into a sauce for eating with roast lamb or salad. 
アメリカ・オハイオ州「チャールストン滝」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp