においひば (匂い檜葉) [Index] [Back]

Thuja occidentalis

Thuja occidentalis

Thuja occidentalis

Thuja occidentalis

Thuja occidentalis

アメリカの北東部からカナダの南東部が原産です。湿地や高原の石灰岩地に生え、高さは12〜21メートルになります。樹冠は狭い円錐形で、短い枝が広がり、芳香があります。葉は鱗片状で、4列に対生します。果実は長さ1センチほどの球果で、淡褐色に熟します。「においひば」は、ヨーロッパに最初に導入された北アメリカ産の樹木です。
ヒノキ科ネズコ属の常緑高木で、学名は Thuja occidentalis。
英名は Northern white-cedar。
Northern white-cedar belongs to Cupressaceae (Cypress family). It is an evergreen tall tree that is native to northeast USA and southeast Canada. This tree occurs in swamps and limestone uplands, and can reach 12-21 m in height. It is a aromatic tree with a narrow conical crown of short spreading branches. Leaves are scalelike, opposite in 4 rows. Cones are elliptical about 1 cm long and ripen light brown. Nortern white-cedar is probably the first North American tree introduced into Europe.
[上・中1〜2] 群馬県中之条町「薬王園」にて、
2008年03月30日撮影。
[中3・下] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp