にじがはまぎく (虹が浜菊)

Chrysanthemum x shimotomaii

Chrysanthemum x shimotomaii

山口県の瀬戸内沿岸、光市の虹が浜を中心とした丘陵に分布してい
ます。「サンインギク」と「ノジギク」の自然交雑種で、高さは60センチ
ほどになります。「シマカンギク」に似ていますが葉がやや厚く、10月
から11月ごろに、やや大きめの黄色から白色の舌状花のある頭花
を咲かせます。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum x shimotomaii。
英名はありません。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年12月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp