にしきぎ(錦木)

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

Euonymus alatus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国東北部、サハリン、ウスリー地方に分布しています。丘陵や山地の林内や林縁に生え、高さは1〜3メートルになります。若い枝には4稜があり、稜上に褐色のコルク質の翼があります。葉は長楕円形から倒卵形で対生します。5月から6月ごろ、葉腋から集散花序をだし淡黄緑色の花を咲かせます。10月から11月ごろには真っ赤に紅葉し、刮ハが裂開して橙赤色の仮種皮に被われた種子がのぞきます。
ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木で、学名は Euonymus alatus。
英名は Burningbush。
Burningbush (Euonymus alatus) belongs to the family Celastraceae (the Bittersweet family). It is a small deciduous tree that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula, northerneast China, Sakhalin and Ussuri. This tree grows in hillsides, montane forests or forest-edges and can reach 1-3 m in height. The young branches are quadrangular with cork wings on the ridges. The leaves are oblong to obovate and opposite. The cymes are borne on the axiles and bloom pale yellowish-green flowers from May to June. The leaves turn bright red in fall. The capsules are ripen in fall, splitting open and come out reddish-orange seeds when mature.
[上] 長野県松本市「県林業総合センター」にて、
2005年05月22日撮影。
[中1] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2006年04月28日撮影。
[中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年04月18日撮影。
[中6] 同上にて、2005年11月14日撮影。
[中3] 大阪府東大阪市上四条町「なるかわ園地」にて、
2005年10月03日撮影。
[中4] 大阪府交野市星田「ほしだ園地」にて、
2006年11月02日撮影。
[中5] 長野県長和町和田にて、2008年01月06日撮影。
[中7] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中8・中9] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2010年05月16日撮影。
[中10・中11] 栃木県日光市「東京大学付属日光植物園」にて、
2012年06月09日撮影。
[中12・中13] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中14] 長野県原村「八ヶ岳自然文化園」にて、
2013年05月06日撮影。
[中15〜16・下] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2013年11月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp