にんにく (大蒜) [Index] [Back]

Allium sativum

Allium sativum

Allium sativum

Allium sativum

Allium sativum

Allium sativum

Allium sativum

中央アジアのキルギス地方が原産だと考えられています。もともとの自生環境についてはわかっていません。栽培の歴史は古く、紀元前3000年の古代エジプトではすでに食用とされていました。わが国へは奈良時代に渡来しました。鱗茎は数個の小鱗茎に分かれ、扁平なひも状の葉を数個だします。5月から6月ごろ、花茎を伸ばして球状花序をだし、小さな淡いピンク色の花を咲かせます。鱗茎のなかには硫化アリル類と呼ばれる配糖体が含まれ、これが加水分解すると特有な臭気のもとになります。この鱗茎は、さまざまな料理に風味付けとして利用されます。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium sativum。
英名は Garlic。
Garlic belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is maybe native to Central Asia, Kyrgyzstan. The original habitat is obscure. This herb has been cultivated from the ancient days, and it was used as food in Egypt about 3000 BC. This herb was introduced into Japan in Nara Era (about 1300 years ago). The bulb is diveded into several cloves and sends out some flat corded leaves. The spherical cluster is borne on the flowering stalk and bloom pale pink flowers from May to June. The bulbs contain glycosides - allyl sulfide compound that yield characteristic odor on hydrolysis. The bulbs are used as a flavouring in wide range of foods.
[上・中1〜2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中3] 千葉県香取市田部にて、2010年05月13日撮影。
[中4・中5] 千葉県香取市大角にて、2011年05月20日撮影。
[下] 同上にて、2011年06月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp