においひつじぐさ (匂い未草) [Index] [Back]

Nymphaea odorata

Nymphaea odorata

北アメリカの東部が原産です。水生植物で、湖や池、緩やかな流れの水路などに生えます。葉は10〜30センチの幅があり、表面が光沢のある緑色、裏面が紫色のかかった赤色で、水面に浮遊しています。6月から9月ごろ、直径7.5〜12.5センチの芳香のある花を咲かせます。花はふつう早朝からお昼まで開いています。写真は、園芸品種の「カロリニアーナ(cv. Caroliniana)」。
スイレン科スイレン属の多年草で、学名は Nymphaea odorata。
英名は Fragrant water lily。
Fragrant water lily (Nymphaea odorata) belongs to Nymphaeaceae (Water lily family). It is a perennial herb that is native to the eastern North America. This herb is aquatic and occurs in lakes, ponds and quiet water of ditches. The leaves are 10-30 cm wide, shiny green above, purplish red beneath and float on the water. The fragrant flowers are 7.5-12.5 cm in diameter, and appear from June to September. They usually open from early morning until noon. The photos are a cultivar 'Caroliniana'.
千葉県香取市「佐原水生植物園」にて、2008年06月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp