においしゅろらん (匂い棕櫚蘭)

Cordyline australis

Cordyline australis

Cordyline australis

Cordyline australis

Cordyline australis

Cordyline australis

Cordyline australis

ニュージーランドが原産です。成長が早く「やし」に似た樹形で、高さ
は6〜9メートルほどになります。成長するとよく分枝して、光沢のあ
る50〜100センチの葉を束生します。初夏に円錐花序を伸ばし、芳
香のある白い花を咲かせます。果実は、翌年の秋に青白色に熟しま
す。
リュウゼツラン科センネンボク属の常緑小高木で、学名は Cordyline
australis。英名は Cabbage tree、Cabbage palm。
Cabbage tree (Cordyline australis) belongs to Agavaceae (Agave family). It
is an evergreen semi-tall tree that is native to New Zealand. This tree grows
quickly, forms palm-like crown and can reach 6-9 m in height. The stem is
much-branched when mature and fascicled glossy long leaves. The panicles
are borne and bloom scented white flowers in early summer. The fruits
ripen in blue-white in next year's fall.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中3] 茨城県神栖市須田にて、2008年06月11日撮影。
[中4・中5] ニュージーランド・サウスランド地方「ミルフォード
サウンド」にて、2003年12月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年02月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp