にわふじ (庭藤)

Indigofera decora

Indigofera decora

Indigofera decora

Indigofera decora

わが国の本州、東海地方以西から四国・九州、それに台湾に分布し
ています。川岸の岩場などに生え、高さは30〜60センチになりま
す。「ふじ」の近縁種です。奇数羽状複葉で、3〜6対ある小葉は長
楕円形です。6月から7月ごろ、紅紫色の蝶形花を咲かせます。白花
もあります。庭木としても植栽されています。。
マメ科コマツナギ属の落葉小低木で、学名は Indigofera decora。
英名は Spanish clover。
Spanish clover belongs to Fabaceae (Pea family). It is a deciduous shrub
that is distributed westward from Tokai-district of Honshu to Shikoku,
Kyushu of Japan and Taiwan. This shrub occurs in scrags along streams
and can reach 30-60 cm in height. This species is closely related to wisteria.
The leaves are odd-pinntate compound with 3-6 pairs of oblong leaflets.
The magenta papilionaceous flowers come in June to July. There is also
white flower color. It is cutivated as a garden tree.
[上・中1] 岐阜県八百津町福地にて、2007年06月07日撮影。
[中2] 長野県茅野市北山「蓼科高原」にて、2006年07月08日撮影。
[下] 岐阜県八百津町久田見にて、2007年06月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp