にわはたざお (庭旗竿)

Arabis caucasica

Arabis caucasica

Arabis caucasica

ヨーロッパの南部に分布しています。高さは15〜30センチになり、葉は灰緑色です。4月から5月ごろ、茎頂に総状花序をだし、白色の4弁花を咲かせます。園芸品種も多く、ロックガーデンなどに植栽されます。 
アブラナ科ヤマハタザオ属の多年草で、学名は Arabis caucasica。
英名は Rock cress、Wall rock cress。 
Rock cress (Arabis caucasica) belongs to the Brassicaceae (the Mustard family). It is a perennial herb that is native to southern Europe. This herb can reach 15-30 cm in height, with grayish green leaves. The racemes are borne atop of stems and bloom white four-petaled flowers from April to May. The many cultivars have been raised and used for a rock garden plant. 
[上・中] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、2006年05月09日撮影。
[下] イギリス・スコットランド・アビモアにて、2016年06月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp