にわうめ (庭梅)

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

Prunus japonica

朝鮮半島から中国に分布しています。わが国へは古い時代に渡来
し、万葉集にも「唐棣(はねず)」の名で登場しています。高さは1〜2
メートルほどになり、株立ちして潅木状になります。葉は卵状披針形
で先端が尖り、縁には細かい重鋸歯があります。側脈は5〜8個あ
り、基部は鈍形から円形です。3月から4月ごろ、淡紅色または白色
の花を咲かせます。果実は7月から8月ごろに赤く熟して、生食や果
実酒に利用されます。
バラ科サクラ属の落葉低木で、学名は Prunus japonica。
英名は Korean cherry。
Korean cherry (Prunus japonica) belongs to Rosaceae (the Rose family). It
is a small deciduos tree that is native to the Korean Peninsula nad China. It
was introduced into Japan in ancient days. This tree grows clumping and
can reach 1-2 m in height. The leaves are ovate-lanceolate with acute tips
and fine duplicato-serratus edges. They have 5-8 lateral veins and blunt to
rounded basis. The pale rose-pink to white flowers bloom in March and
April. The fruits are round and ripen in red from July to August. They are
used in raw diet and fruit wine.
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月09日撮影。
[中6・中7] 同上にて、2009年07月03日撮影。
[中8・下] 同上にて、2011年07月02日撮影。
[中2・中3] 茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。
[中4] 長野市松代温泉にて、2004年04月18日撮影。
[中5] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp