のびる (野蒜)

Allium grayi

Allium grayi

Allium grayi

Allium grayi

わが国の各地をはじめ、台湾や朝鮮半島、中国に分布しています。
山野に生え、高さは40〜60センチになります。葉は線形で2〜3個
つきます。5月から6月ごろ、花茎を伸ばして散形花序をつけます
が、花序のなかには、淡い紅色の両性花とむかご(零余子)がありま
す。地下には鱗茎があり、食用にされます。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium grayi。
英名は No-biru。
'No-biru' (Allium grayi) belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial
herb that is distributed in Japan, Taiwan, Korean Peninsula and China. This
herb occurs in fields or mountains and can reach 40-60 cm in height. The
leaves are linear and 2-3 fascicled on the tips of bulb. The umbel is borne
on a stalk from May to June, and contains pale ponceau hermaphrodite
flowers and bulbils. The bulb is edible.
[上・中1] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年05月23日撮影。
[下] 静岡県南伊豆町湊にて、2007年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp