のげいとう (野鶏頭)

Celosia argentea

Celosia argentea

Celosia argentea

Celosia argentea

Celosia argentea

Celosia argentea

Celosia argentea

アメリカの南部から熱帯アメリカが原産です。現在では世界各地の熱帯・亜熱帯地方に広がっています。わが国でも西南暖地には帰化しています。茎は直立して、高さは30〜100センチになります。葉は披針形から卵状披針形で互生します。夏、枝先に穂状花序をだし、淡紅色から白色の小さな花を咲かせます。
ヒユ科ケイトウ属の一年草で、学名は Celosia argentea。
英名は Silver cock's comb。
Silver cock's comb (Celosia argentea) belongs to the family Amaranthaceae (the Amaranth family). It is an annual herb that is native to the southern United States and tropical America. Nawadays, it is naturalized widely in the tropical and sub-tropical areas. It is also naturalized in the west-southern warm areas of Japan. The stems are erect, and can reach 30-100 cm in height. The leaves are lanceolate to ovate-lanceolate, and arranged in alternate. The spikes are borne on the terminal branches, and the small, pale rose pink to white flowers bloom in summer.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中5・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp