のぎらん (芒蘭)

Metanarthecium luteo-viride

Metanarthecium luteo-viride

Metanarthecium luteo-viride

Metanarthecium luteo-viride

わが国の各地に分布しています。山地の生え、高さは20〜50セン
チになります。葉は倒披針形で根生します。6月から8月ごろ、花茎
を伸ばして穂状花序に淡い黄褐色の小さな花を咲かせます。花披片
は6個あり、緑色を帯びます。
ユリ科ノギラン属の常緑多年草で、学名は Metanarthecium luteo-
viride。英名はありません。
'Nogi-ran' (Metanarthecium luteo-viride) belongs to Liliaceae (Lily family).
It is an evergreen perennial herb that is native to Japan. This herb occurs in
mountains and can reach 20-50 cm in height. The leaves are oblanceolate
and basal. The spike is borne on the flowering stalk and blooms small pale
yellowish-brown flowers. The flower has six tepals and tinged greenish.
[上・中1〜2] 群馬県六合村入山「野反湖」にて、
2008年07月26日撮影。
[下] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2005年07月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp