のはらあざみ (野原薊)

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

Cirsium tanakae

わが国の本州、中部地方以北に分布しています。草原や荒れ地に生え、高さは40〜100センチになります。葉は羽状に深裂し、縁には鋭い棘があります。花期にも根生葉が残るのが特徴です。8月から10月ごろ、枝先に2〜3個の頭花を上向きに咲かせます。総苞は鐘形で粘らず、総苞片はやや反り返ります。
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium tanakae。
英名はありません。
"Nohara-azami" (Cirsium tanakae) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district to Tohoku district of Honshu. This herb grows in fields and barrens and can reach 40-100 cm in height. The leaves are deep pinnately with spine tips. The basal leaves remain until flowering time. The 2-3 magenta flower-heads bloom upright from August to October. The bracts are bell-shaped, not sticky and the phyllaries are slightly recurved.
[上・中1〜2] 群馬県松井田町行田にて、2008年12月07日撮影。
[中3・中4] 新潟県妙高市杉野沢「妙高高原」にて、
2005年08月29日撮影。
[中5〜中7] 長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて、
2001年08月15日撮影。
[中8・中9] 群馬県中之条町四万にて、2011年10月02日撮影。
[中10〜中12] 茨城県北茨城市関本町「和尚山」にて、
2012年09月22日撮影。
[中13・下] 岩手県平泉町「毛越寺」にて、2016年09月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp