のかんぞう (野萱草)

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

Hemerocallis fulva var. longituba

わが国の本州から四国、九州それに南西諸島や中国に分布しています。やや湿った野原や川岸に生えます。6月から9月ごろ、葉のあいだから太い花茎を伸ばし、橙赤色のラッパ状の花を咲かせます。花の色には変化が多く、赤みの強いものは、とくに「べにかんぞう」と呼ばれます。一日花で、昼間だけ咲いています。若葉は食用になります。おなじ仲間の「やぶかんぞう(藪萱草)」は八重咲きです。
ユリ科ワスレグサ科の多年草で、学名は Hemerocallis fulva var. longituba。英名は No-kanzo。
The "No-kanzo" (Hemerocallis fulva var. longituba) belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan and China. This herb grows in wettish fields or streambanks. The thick flowering stalk is borne and blooms orenge-red trumpet-shaped flowers from June to September. The flowers last one day.
[上・中1] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年07月27日撮影。
[中3・中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年07月07日撮影。
[中7] 同上にて、2006年03月07日撮影。
[中5・中6] 群馬県みなかみ町大沼にて、2009年07月26日撮影。
[中8・中9] さいたま市桜区「田島ヶ原」にて、
2012年04月01日撮影。
[中10・中11] 千葉県香取市仁良にて、2012年07月03日撮影。
[中12・中13] 栃木県日光市「上三依水生植物園」にて、
2013年07月21日撮影。
[中14〜15・下] 福島県矢祭町大ぬかりにて、
2013年09月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp