ノモカリス・アペルタ [Index] [Back]

Nomocharis aperta

Nomocharis aperta

中国南部の四川省や雲南省、それにビルマに分布しています。標高3000〜3900メートルにある広葉樹林や竹やぶ、高山帯の草地などに生え、高さは25〜50センチになります。葉は広披針形から線状披針形で、互生します。花は紅色からピンク色で、濃いえび茶色または紫色がかった深紅色の斑点が、多くは中心部に近いところにあります。花は6月から7月に咲きます。 
ユリ科ノモカリス属の多年草で、学名は Nomocharis aperta。
英名はありません。 
Nomocharis aperta belongs to the family Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to southern China (Yunnan and Sichuan) and Burma. This herb grows in broad-leaved forests, bamboo scrub, alpine grasslands; 3,000-3,900 m elevation, and it can reach 25-50 cm in height. The leaves are alternate, broadly lanceolate to linear-lanceolate. The flowers are rose or pink, with a deep maroon or purplish crimson blotch at base, and a few or more crimson spots mostly in proximal part. They bloom from June to July. 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2013年05月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp