のみはにわごけ (蚤埴輪苔) [Index] [Back]

Haplocladium angustifolium

Haplocladium angustifolium

Haplocladium angustifolium

Haplocladium angustifolium

Haplocladium angustifolium

わが国の本州から四国・九州、それに北半球に分布しています。腐った木の上や地上などに生え、マット状になります。茎はなく、長さは5〜10センチほどです。葉は広卵形で、先端は長く尖ります。雌雄同株です。胞子体は、長さ2〜4センチの柄があり、凾ヘ横向きにつきます。
シノブゴケ科コバノキヌゴケ属の蘚類で、学名は Haplocladium angustifolium。英名はありません。
'Nomi-haniwa-goke' (Haplocladium angustifolium) belongs to Thuidiaceae family. It is a moss that is distributed from Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan and Northern Hemisphere. This moss occurs on the decayed woods or grounds and forms mat. It is acaulescent and 5-10 cm long. The leaves are broad-ovate with long acute tips. It is monoecious. The sporophytes have stalks 2-4 cm long and the capsules arrange sideways.
[上・中1〜2] 群馬県渋川市伊香保町にて、2008年03月30日撮影。
[中3・下] 茨城県美浦村舟子にて、2009年03月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp