のみのつづり (蚤の綴り) [Index] [Back]

Arenaria serpyllifolia

Arenaria serpyllifolia

わが国の各地をはじめ、アジアの温帯から亜熱帯、ヨーロッパに分布しています。道端や荒れ地、草原などに生え、高さは5〜25センチになります。根もとからよく分枝して、全体に短い毛があります。葉は、広卵形から狭卵形で対生します。3月から6月、小さな白色の花を咲かせます。花弁は5個、花柱は3個あります。和名は、小さな葉を「のみ(蚤)」の短衣に喩えたもと。
ナデシコ科ノミノツヅリ属の越年草で、学名は Arenaria serpyllifolia。
英名は Thyme leaf sandwort。
Thyme leaf sandwort (Arenaria serpyllifolia) belongs to Caryophyllaceae (Carnation family). It is a biennial herb that is distributed to Japan, temperate and sub-tropical areas of Asia and Europe. This herb occurs in roadsides, wasteland or grasslands and can reach 5-25 cm in height. The leaves are broad-ovate to narrow-ovate and opposite. The small white flowers appear from March to June. The flowers have five petals and three styles.
茨城県神栖市土合西にて、2008年05月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp