ノモカリス・サルエネンシス

Nomocharis saluenensis

Nomocharis saluenensis

Nomocharis saluenensis

ビルマから中国にかけて広く分布しています。葉は披針形で、2個づ
つ茎につきます。花は6弁で平開し、お皿のかたちです。花弁は淡い
ローズピンクからシェルピンクで、基部を中心に紫色の斑がありま
す。また蜜腺があるところは暗赤色の斑点となっています。種名は、
最初に発見されたサルウィン川のほとりに因みます。
ユリ科ノモカリス属の多年草で、学名は Nomocharis saluenensis。
英名はありません。
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年10月19日撮影。
[下] 同上にて、2005年12月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp