ノパレア・コケニリフェラ [Index] [Back]

Nopalea cochenillifera

Nopalea cochenillifera

Nopalea cochenillifera

メキシコまたは中央アメリカが原産です。高さは3.6メートル以上になり、茎は直径20センチ以上になります。花はピンク色で5センチほどの長さがあり、花後の赤い果実も5センチほどの長さです。若い茎節は、メキシコ料理で野菜として利用されます。
サボテン科ノパレア属の団扇サボテンで、学名は Nopalea cochenillifera。英名はありません。
Nopalea cochenillifera belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen tree cactus that is native to Mexico or Central America. This cactus can reach up to 3.6 m in height and the trunks are up to 20 cm in diameter. The pink flowers are about 5 cm long, followed by red fruits about 5 cm long. The young pads are used as vegetable in the Mexican cuisine.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp