ノースポール

Chrysanthemum paludosum cv. North Pole

Chrysanthemum paludosum cv. North Pole

Chrysanthemum paludosum cv. North Pole

Chrysanthemum paludosum cv. North Pole

Chrysanthemum paludosum cv. North Pole

ヨーロッパ南部の地中海沿岸から北アフリカが原産のパルドースム
種の園芸品種です。わが国へは1970年に導入されました。矮性品
種で、高さは10〜15センチにしかなりません。3月から6月ごろま
で、小さな白色の「マーガレット」のような花を咲かせます。これまで
ずっと名前は「スノーボール」だと思ってきましたが、違うようです。
キク科キク属の耐寒性一年草で、学名は Chrysanthemum paludosum
cv. North Pole。英名は Mini marguerite, Snow daisy。
Mini marguerite (Chrysanthemum paludosum cv. North Pole) belongs to
the Asteraceae (the Aster family). It is a hardy annual herb that is a cultivar
of Chrysanthemum paludosum which is native to the coastal areas of the
Mediterranean Sea in southern Europe and North Africa. It was introduced
into Japan in 1970. This herb is a dwarf variety and can reach 10-15 cm in
height. The flower heads are small, white, marguerite-like and bloom from
March to June.
[上・中3] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年04月25日撮影。
[中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年02月28日撮影。
[中2] 岐阜県高鷲村「牧歌の里」にて、2002年06月23日撮影。
[下] 千葉県東庄町小座にて、2009年11月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp