のうごういちご (能郷苺)

Fragaria iinumae

Fragaria iinumae

Fragaria iinumae

Fragaria iinumae

Fragaria iinumae

Fragaria iinumae

わが国の本州、中国地方の伯耆大山以北から北海道に分布してい
ます。亜高山帯から高山帯の日当たりの良い草地に生え、高さは
10〜15センチになります。茎は短く、長い葉柄の3出複葉が根生し
ます。5月から7月ごろ、花茎を伸ばして白い花を咲かせます。花弁
が7〜8個あるのが特徴です。果実は8月から9月に熟し、美味しい
そうです。名前は、発見地の岐阜県根尾村能郷に因みます。
バラ科オランダイチゴ属の多年草で、学名は Fragaria iinumae。
英名はありません。
"Nougou-iochigo" (Fragaria iinumae) belongs to the Rosaceae (the Rose
family). It is a perennial herb that is distributed northward from the Mt.
Daisen in Chugoku district of Honshu to Hokkaido. This herb grows in
sunny sub-alpine to alpine grasslands, and can reach 10-15 cm in height.
The stems are short and the trifoliate leaves are basal with long petioles.
The flowering stalks are borne and the white flowers bloom from May to
July. The flower has 7-8 petals. The fruits ripen red in August to
September, they are edible and delicious. The Japanese name is derived
from the findspot; Nougou in Neo village of Gifu prefecture.
[上・中1] 秋田県由利本庄市矢島町「竜ヶ原湿原」にて、
2005年07月18日撮影。
[中2] 富山県立山町芦峅寺「弥陀ヶ原」にて、2006年07月10日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中3] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2004年07月03日撮影。
[中4・下] 東大付属日光植物園」にて、2010年06月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp