ぬるで (白膠木)

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

Rhus javanica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島から中国、台湾に分布しています。葉は「うるし」に似ていますが、葉軸に翼があるのが異なります。8月から9月ごろ、円錐花序に黄白色の小さな花を咲かせます。葉に「ヌルデノオオミミフシアブラムシ」が寄生すると「ヌルデノミミフシ」と呼ばれる虫嬰(ちゅうえい)ができますが、タンニンを多く含むため、昔はお歯黒や白髪染めの原料として利用されたそうです。ふつうは被れませんが、虫嬰を触ったりすると被れる人もあるそうです。
ウルシ科ウルシ属の落葉小高木で、学名は Rhus javanica。
英名は Sumac。
The Sumac (Rhus javanica) belongs to the Anacardiaceae (the Sumac family). It is a semi-tall deciduous tree that is distributed to Japan, as well as the Korean Peninsula, China and Taiwan. The leaves look like Lacquer tree, though it is differ from winged rachis. The pale yellowish white flowers in panicles come from August to September. Some aphids are parasitic on the leaves and form the galls which include tannin. The gall may be rarely cause a skin irritation.
[上・中1] 群馬県安中市松井田町にて、2010年09月04日撮影。
[中2・中3] 茨城県神栖市土合北にて、2009年09月06日撮影。
[中6] 同上にて、2009年09月09日撮影。
[中4・中5] 大阪府四条畷市逢阪「清滝峠」にて、
2006年09月10日撮影。
[中7] 神戸市灘区六甲山町「六甲山牧場」にて、
2002年09月08日撮影。
[中8] 長野県塩尻市奈良井にて、2006年09月21日撮影。
[中9] 大阪府東大阪市上石切町「くさか園地」にて、
2005年10月03日撮影。
[中10・中12] 大阪府交野市星田「ほしだ園地」にて、
2006年11月02日撮影。
[中11・中14] 岐阜県多治見市三の倉町「地球村」にて、
2007年01月12日撮影。
[中13] 大阪府四条畷市田原台「えびす公園」にて、
2001年10月05日撮影。
[中15〜中17] 福島県昭和村野尻にて、2012年08月26日撮影。
[中18・中19] 福島県矢祭町宝坂にて、2013年09月08日撮影。
[中20〜中23] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。
[中24〜中26] 茨城県桜川市「筑波山」にて、
2014年09月13日撮影。
[中27・下] 山形県小国町小玉川にて、2015年09月18日撮影。
(photo by Aya Seko)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp