ぬますぎ (沼杉)

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

Taxodium distichum

北アメリカの東部からメキシコ湾岸、それにミシシッピー川流域に分布しています。流れのある湿地帯や川岸の湿ったところに生え、高さは20メートルほどになります。地中または水中から呼吸根を出します。雌雄異株です。「メタセコイア」に似ていますが、線形の葉が側枝に対生する「メタセコイア」と異なり、こちらは互生します。4月ごろ、枝先に長さ10〜20センチの雄花序と、数個の雌花をつけます。別名で「らくうしょう(落羽松)」とも呼ばれ、側枝が鳥の羽根に似ていて、黄葉が終わると落葉してしまうことから。<
スギ科ヌマスギ属の落葉高木で、学名は Taxodium distichum。
英名は Bald cypress。
The Bald cypress (Taxodium distichum) belongs to the Cupressaceae (the Bald cypress family). It is a tall deciduos tree that is native to eastern North America, along the Gulf Coast and the reach of Mississippi. This tree grows in flowing swamps and wet stream banks, and can reach about 20 m in height. Bald cypress growing in swamps have espiratory roots called cypress knees. These are woody projections sent above the ground or water. It is dioecious. The leaves are linear and alternate arranged on the branchlets. The 10-20 cm male flowering clusters and several male flowers are borne on the terminal blanches in April. This tree turns the leaves yellow in fall and losing in the winter months.
[上・中14・中16] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中1] 同上にて、2003年08月24日撮影。
[中2] 同上にて、2005年08月10日撮影。
[中9] 同上にて、2005年12月01日撮影。
[中13] 同上にて、2005年09月14日撮影。
[中3・中4] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年04月28日撮影。
[中5〜6・中15] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] アメリカ・ニューヨーク市「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[中10〜中12] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。
[中17・中18] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中19〜20・下] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2015年12月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp