ぬまとらのお (沼虎尾)

Lysimachia fortunei

Lysimachia fortunei

Lysimachia fortunei

Lysimachia fortunei

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布してい
ます。山野の湿地や池沼の岸に生え、高さは40〜70センチになり
ます。地下茎を伸ばして広がり、群落を形成します。葉は長楕円形で
柔らかく、互生します。7月から8月ごろ、茎頂に総状花序をだし、小
さな白色の花を咲かせます。「オカトラノオ」のように花穂が垂れない
ことが特徴です。
サクラソウ科オカトラノオ属の多年草で、学名は Lysimachia fortunei。
英名はありません。
[上・下] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年07月15日撮影。
[中1] 同上にて、2002年07月31日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市下田原にて、2006年07月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp