ニンフェア・コロラータ

Nymphaea colorata

Nymphaea colorata

Nymphaea colorata

Nymphaea colorata

Nymphaea colorata

熱帯アフリカ原産の熱帯スイレンの原種です。全体に小柄で、直径
20〜23センチの葉を水面に浮かべます。昼咲き性があり、直径10
〜13センチの青紫色の花を咲かせます。「GTムーア(cv. Director
G.T. Moore)」の交配親としても知られています。比較的水温が低くて
も育つ品種で、水温が18℃くらいになっても咲き続けます。
スイレン科スイレン属の多年草で、学名は Nymphaea colorata。
英名は Blue pigmy。
Blue pigmy belongs to Nymphaeaceae (the Waterlily family). It is a
perennial herb that is native to tropical Africa. This herb is relatively small
and floats round leaves 20-23 cm in diameter. This species produces bluish
purple flowers 10-13 cm in diameter at daytime. It can remain to bloom in
the relatively low water temperature (above 18 degrees Celsius). Blue
pigmy is known as a host species of cultivar "Director G. T. Moore".
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年10月06日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2006年07月11日撮影。
[中3] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2009年02月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp