ラケナリア・アルブスノチアエ

Lachenalia arbuthnotiae

Lachenalia arbuthnotiae

南アフリカのケープ地方に分布しています。季節的に水浸しになるよ
うな砂地に生えます。根生する2個の葉には斑があります。8月から
10月ごろ、花茎を伸ばして、鮮やかな黄色い花を咲かせます。花に
は甘い芳香があります。
ユリ科ラケナリア属の多年草で、学名は Lachenalia arbuthnotiae。
英名はありません。
京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2005年04月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp