ラケナリア・ユンキフォリア

Lachenalia juncifolia

Lachenalia juncifolia

Lachenalia juncifolia

南アフリカのケープ地方に分布しています。冬降雨地帯の砂岩や石
灰岩の露頭にみることができます。2個の葉には、えび茶色の縞模
様があります。早春に、花茎を伸ばして、白色またはピンクのベル形
の花を咲かせます。口元には赤紫色の斑があります。飛び出した雄
しべが目立ちます。
ユリ科ラケナリア属の多年草で、学名は Lachenalia juncifolia。
英名はありません。
Lachenalia juncifolia belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb
that is native to Cape Province of South Africa. This herb occurs in sand or
limestone outcrops in the winter rainfall area. It has two leaves with maroon
bands. It is borne white to pink bell shaped flowers on long pedicles in early
spring. The flower has magenta tips and exserted stamens.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。
[中・下] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年04月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp