ラケナリア・マテウシー

Lachenalia mathewsii

Lachenalia mathewsii

Lachenalia mathewsii

Lachenalia mathewsii

南アフリカのケープ地方西部に分布しています。海岸地帯の湿った斜面に生え、高さは10〜20センチになります。葉は細長い槍形です。花茎を伸ばして、芳香のある黄色いベル形の花を咲かせます。口元には緑色の斑があります。 
ユリ科ラケナリア属の多年草で、学名は Lachenalia mathewsii。
英名はありません。 
Lachenalia mathewsii belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the western Cape Province in South Africa. This herb grows on foreshore wet slopes, and grows 10-20 cm in height. The leaves are narrow lance-shaped. The fragrant yellow bell-shaped flowers bloom on the flowering stalk. The mouths have green mottles. 
[上・中1〜2] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、
2005年04月15日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp