ラケナリア・レフレクサ

Lachenalia reflexa

Lachenalia reflexa

南アフリカのケープ地方の南西部が原産です。砂質の平地に生え、
高さは15〜20センチになります。鱗茎から披針形または帯状の葉
を1〜2個だします。葉にはくすんだ紫色の斑があり、縁は波状にう
ねります。冬に花茎を伸ばして総状花序をだし、黄色から黄緑色の
花を咲かせます。
ユリ科ラケナリア属の多年草で、学名は Lachenalia reflexa。
英名はありません。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年02月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp