ラケナリア・バンジリアエ [Index] [Back]

Lachenalia aloides var. vanzyliae

Lachenalia aloides var. vanzyliae

南アフリカの西ケープ地方が原産です。葉にはふつう表面に紫褐色の斑紋がありますが、ときにないものもあります。早春に花を咲かせますが、淡青色から白色の筒状で、緑色または黄緑色の隆起があります。この変種名は、カーステンボッシュ植物園へ1927年にはじめて導入したバンジル女史(Mrs. Van Zyl)に因みます。
ユリ科ラケナリア属の多年草で、学名は Lachenalia aloides var. vanzyliae。英名はありません。
Lachenalia aloides var. vanzyliae belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb that is native to West Cape Province of South Africa. The leaves are usually marked purplish-brown on the upper surfaces or sometimes unmarked. The flowers are cylindrical, pale blue to white with green or yellowish-green gibbosities and borne in early spring. This variety was named after Mrs. Van Zyl who first introduced the plant to Kirstnbosch National Botanical Garden in 1927.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp