レリア・ルンディイ [Index] [Back]

Laelia lundii

Laelia lundii

Laelia lundii

ブラジル東部のミナス・ジェライス州が原産です。樹木や岩などに着生し、高さは10センチほどになります。球茎は細長い紡錘形で、肉厚で線形の葉が1個つきます。冬に花茎を伸ばして、白色の花を1〜3個咲かせます。
ラン科レリア属の常緑多年草で、学名は Laelia lundii。
英名はありません。
Laelia lundii belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to the state of Minas Gerais, eastern Brazil. This herb is an epiphyte on the trees or rocks and can reach about 10 cm in height. The corm is narrow spindle-shaped and comes into thick linear leaf. 1-3 white flowers come on the stalks in winter.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp